ヨブ記は良い。ヨブ記を基にしたファウストも良い。何の信仰もないけど、子どもの頃偶然図書館で読んでからなぜとはなく好きだった理由が最近わかった。困難を乗り越えるために役に立つ態度だと感じるからだ。相矛盾することが書いてあることも聖典の重要な機能なんだろうな。

素朴な疑問だけど食べる量が基礎代謝量下回ると体調崩したりしないのかしら。痩せたいという気持ちが高まって食べる量減らすと風邪ひきがちな感覚ある。やり方が極端?

「売り物となっている人工生命(らしきもの)」のお話っていうのも個人的にかなりダメなネタ(良い意味で)なんだよなあ〜。でもめずらしくセットアップが過去作と似てる。ポップなNever Let Me Goみたいになるのかな

> The novel will tell the story of Klara, an “Artificial Friend” with “outstanding observational qualities”, who watches browsers from her place in a shop, hopeful that one will eventually choose her.

稽古してきた。再開してからちゃんと毎週出ててえらい自分

valuedomainに頼ってるの怖くなってきたのでGCPのCloud DNSに乗り換えることにしました。可用率100%、パワーワードすぎる

完全に死んでるわけではないのかなー。Stackdriverのアラートもインシデントになったりグリーンになったり不安定。まあ様子見かな…びっくりさせてすみません

value domainのDNS死んでるらしい。ichiji.socialはvalue domainなので、影響受けた人からアクセスできなくなります 😢

@primenumber_nak お待たせしました!FANBOX, Patreonにそれぞれ500円,$5のプランを追加しました。お手すきの際にご確認ください 🙏

剣術ってほとんど言葉では語り尽くされちゃってるので、それを身体性を通して内面化していくプロセスがおもしろい。速く斬ろうとすると全体の動きに淀みが生まれて、逆に隙を生む、という当たり前に聞こえる話を体で覚えることができる。何かの役に立つのかはわからないけど楽しい。ただ言葉にするとホントに当たり前の話に聞こえる。不思議。

1ヶ月ぶり?のお稽古。あったかくなってくると汗いっぱいかけて寒い時期より満足感ある

@primenumber_nak いいですね!明日追加してお知らせします。こんな難しい時期にご支援頂けてとてもありがとうございます。

itmedia.co.jp/news/spv/2005/25

まあでもこれ死ぬほどわかります。僕が運営してるうちのこまとめというサイトでも、利用者同士がケンカして「あいつのアカウントを削除してくれ」みたいなのあったりして。わざわざプロ責法の案内したりとかやってるけど、実際送信防止措置請求とかきたら大変だし、あまり報われることはないなーと思う時があります。ましてやmstdn.jpの規模ならなおさら。

利用者保護の観点ではこういう法制度が整備されていくことは素晴らしいけど、コンプライアンス維持のコストが高まっていくのは、昔考えてたのとは違う意味で「免許制インターネット」になっていくんだなあ〜とぼんやり思います

Twitterに投稿してきたよ。
twitter.com/noellabo/status/12

----
私は、Fedibirdという名のマストドンを運営しています。小規模な個人運営サーバで、750人程度のユーザーがいます。
fedibird.com

マストドンは、私のサーバのような、小規模なサーバがお互いに繋がりあって、全体として大きなネットワークを構成する仕組みになっています。

これらのサーバは、閉鎖されることもありますし、新しく生まれることもあります。そうやって増えたり減ったりしながら、徐々にここまで大きくなりました。

今回、mstdn.jpという大きなサーバが閉鎖されることになりました。今、これを切っ掛けにユーザーの大移動が発生しています。

マストドンは、アカウントを引っ越したり、独立したり、マストドンとは異なるシステム(Misskeyとか!)に移行することができるので、

他のサーバに移籍して活動を続けたり、自分のサーバを立てて独立する動きが生まれています。ひょっとすると新たな受け皿となるサーバが生まれるかもしれません。

もっと見る
ichiji.social / 一次創作好きのためのMastodonサーバー

一次創作者たちが安心して交流できる場を作るために開設されたMastodonサーバーです。イラスト・漫画・小説・詩・ゲーム・音楽・映像など、幅広い分野で一次創作をする「作り手」たち、一次創作作品が好きな「読み手」たちのための交流の場を目指しています。