固定されたトゥート

(大体)週末更新の一行小説。
文章や呟きに散見される登場人物はこちらに大体載っています。storyyakata.jimdo.com/arcade/

五つ目の内緒話の賞味期限あなたとあなたが抱き合う家で 


苦節1ヶ月強。規定の12万字を満たし、オチをつけました四行小説の短編集です。公募へ出すのは今回が二度目ですが、やはりなにか目標があると張り合いが出て良いなあと大変満足です。途中お話のネタを絞り出すのに何度も干からびかけたけども、いい1ヶ月だった。(一話大体3000字~5000字程度で基本的に一話完結です。宜しければ)
cervan.jp/story/p/6058

はっ…今週は13日の金曜日なのですね…?

(頂いているメールには週末にお返事予定です、まったりお付き合いくださいませ *´v`)

(王様と護衛屋のコラボSSも進捗半分ほどです。9月のはじめくらいにはお渡しできるよう進めたいと思っています。わくわく)

へしかわ…これは額購入不可避…。

@calamintha_ykm こんばんは、ゆきちゃん。今日、鯰尾さんのアクキー届いてました。ありがとう!実物見ると更に可愛い…(*´∀`)
そして、イラストも…!しかも二枚も…!書き下ろしで…!鯰尾さんのハートマークの破壊力もさることながら、長谷部さんが…っ、ゆきちゃんの描いた長谷部さん…!桜舞ってる…!凛々しいのにへしかわ…!本当にありがとう、嬉しいです(*´ω`)

(何の心の準備もなく封筒を開け最推しの直筆イラストを見た感動で本能的に正座をしようとした場所がベッドの縁であったため下手をすると十年くらいぶりに寝台から床へ落ちた館長が大体9時21分くらいをお知らせします)

お借りしたメーカーさんその二。有難うございました(*´ω`)
picrew.me/image_maker/85020

大叔父さんと鋏屋とのペアっぽいものを作っている途中からテンションがだだ上がった事だけは覚えています。

偶然違うメーカーさんでお揃いっぽいポーズをさせる事ができるという胸躍る遊びに気づいてしまった…この感情を恐らくエモいというのだと思う…。


『いちじくの木に宇宙人がぶら下がっているんだ、そんな目で見ないでくれよ』

頂いた残暑お見舞いへのお返事を、昨日ようやく出して参りました。最初ははがきに一行小説かなにかのURLをくっつけて送ろうと思ったのですが、あれこれ時間が経つ内に進化を重ねまして(フシギダネがフシギバナ一歩手前のフシギソウまで進化したような体感)結果的に不思議な構造の残暑お見舞いとなりました。無事に届きますように!

その三、『木の葉の妖精』迷子になった葉の妖精と、家路を共にする案内屋。たまに発作的に、こういう絵本的な語り口のメルヘンなお話が書きたくなります。書き終わってから唐突に『葉っぱのフレディ』を思い出しました。葉のキャラに健気さを持たせたかったのは、記憶のどこかにフレディが居たからだろうと思います。
cervan.jp/story/c/67556

その二、『恋の魔女』暴力的にぶっ飛んだ恋愛観の女の子を元気いっぱいに書きたかった。ターゲットとなった酒屋が最終的に、とんち的な口車で窮地を脱するオチも密かに気に入っています。
cervan.jp/story/c/67568

最近更新したもので気に入っているお話、その一。『陽気な退屈屋』お客へ退屈を提供するのにノリノリな店主。こういう胡散臭いおじさんが、胡散臭い話し方で、終始胡散臭い事ばっか言っているのが昔から好きです。
cervan.jp/story/c/67566

余談と近況。 もっと見る

いま書き溜めている分で大体9万字いったので、あと3万字で募集既定の12万いくな…と思うと、もはや一日一本ペース(最近は二日に一本ペース)だと生温い気がしてきた…けども、アップする時にセンテンスのタイトルを考えつつ推敲もしているので、いっぺんにどーんとアップできない…というもどかしさを歌にしました(していません)しぶとく話数が増えている短編集です。
cervan.jp/story/p/6058

館長仮名 さんがブースト
もっと見る
ichiji.social

一次創作インスタンス